ウォーターサーバーイメージ

ウォーターサーバーのアルピナを利用して

我が家ではウォーターサーバーを使っています。
子供が出来てから、マンションの貯水タンクの水に安心感を得ることができなかったので、使うようになりました。
もともとある程度はペットボトルの水を購入していたので、色々な天然水や浄水の味にはうるさい方でした。
ウォーターサーバーを設置するに当たり、たくさんのメーカーから資料を取り寄せたり、インターネットの比較サイトでも研究をした結果、我が家の使い方で一番安全で一番お得なのがアルピナでした。
それでは我が家で利用しているアルピナについてその良さをご説明したいと思います。
アルピナの原水は北アルプスの天然水で、そのままでも山々や砂地などで濾過されて飲める状態ですが、これをさらに工場で濾過し、クラスター、つまり分子が細かい超軟水になっています。
超軟水は赤ちゃんやお年寄りにも優しいお水です。
我が家は赤ちゃんとお年寄りがいるので、これはかなり決め手となりました。
また、アルピナでは採水地から工場、運搬から配送やコールセンターにいたるまで一括管理をしているので、他のメーカーと比べて、品質は落ちてないのに価格は低価格となっています。
水の成分にミネラル分を含まないので、サーバー内に不純物がたまりにくく、お手入れも簡単なところも良いですね。
小さなお子さんがいる方にも安心なチャイルドロックを採用しているので、安心です。
うちの子供はまだ小さいですが、すぐに大きくなりますし、親戚の子供がきた時も面白がってお湯を出そうとしましたが、ロックがかかっていたので怪我をせずにすみました。
チャイルドロックというと、大人も使いにくいんじゃないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、レバーを押す時に、洗濯バサミをつまむように下側のロック部分をつまみながら下げるだけですので、片手ででも出来ます。
私はいつも赤ちゃんをだいたまま操作していますが、簡単ですよ。
ちなみに、停電時でもお水を出すことが可能ですので、いざという時の防災の意味も込めて、いつも使う量より多めに頼んでいます。
設置場所も省スペースとなっています。
A4二枚分のスペースがあれば置くことができますからかなり小さいと言えるでしょう。
そうは言っても我が家の場合はキッチンの中には設置が難しかったので、ダイニングの方に設置をお願いしました。
すっきりしたデザインなので違和感ないですし、お風呂あがりなど、ちょっとお水が飲みたい時でも、私がキッチンで洗い物をしていても気にせずに冷水を好きなだけ飲めるようです。
ボトルは12リットルと18.9リットルがあります。
どちらにしても相当重たいのが玉にキズですが、我が家は人数が多いので大きい方が取り替える回数が少ないと感じ、頑張って持ち上げています。
核家族でしたら12リットルでも良いかもしれませんね。
ウォーターサーバーを使い始めてから、冷蔵庫に空きスペースができたので、その分は電気代が下がっていると思われます。
サーバーの電気代はアルピナから4本利用で1000円くらいと聞いていたので、トータルそれほど上がっていません。
水をペットボトルで購入していたことを考えれば、家計のトータルの出費は減ったと言えます。

Copyright(C) 2010 綺麗な水.com All Rights Reserved.